フォト
無料ブログはココログ

つれづれりすと

« 春の足音 | トップページ | 春の足音2 »

2008年3月23日 (日曜日)

心の中の故郷

今年になって、めっきりと両親も老いが目立ってきて心配しています。
今週は絶対に行こうと心に決めていましたので、実家にひとっ走り愛車にまたがって行ってきました。
一路東名阪道を西へ、向かう先は三重県の三重郡菰野町です。

私の愛車です。
この車では子供が生まれて不便もありますが、買い換えるのも億劫で乗り続けています。
たまには40後半の男がこんなのに乗っているのもよろしいかと。

Dsc_0002_2

寝たきりの父親も、体調を崩していた母も、なんとか持ち直していたのでほっとしましたが、懐かしい風景を残しておきたくて家の周りで撮影してきました。

今でも故郷というと目に浮かぶのはこの風景です。
居並ぶ鈴鹿山脈と田園地帯、鈴鹿おろしの吹く開けた風景。これが私の原風景です。

Dsc_0003_2

夏休みによくカブトムシを捕ったあたりです。
菰野町の杉谷から尾高高原の旧植樹祭会場へ向かう山道です。

Dsc_0011_2

昔通った中学校です。(菰野町立八風中学校)

Dsc_0047_2

昔はなかった校舎や体育館もできており、様変わりしていて驚きました。隣の小学校(菰野町立朝上小学校)も同様です。何にもまして驚いたのは、昔は広いと思っていた道路の狭いこと。バスまで通っていたというのに、今住んでいる家の前の道路の方が広いのです。道路も縮む??そんなはずないですよね。
今は建物がありますが、昔は周りになにもなかったので広く見えたのだということで無理やり自分を納得させました。人間の記憶なんてあいまいなものですね。

また今度自分の歴史を歩いてみようと思います。

« 春の足音 | トップページ | 春の足音2 »

コメント

アップした写真ですが、懐かしさを込めて、あえて日陰のホワイトバランス設定で撮影してあります。かなりセピアな色調になったかと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74239/40604158

この記事へのトラックバック一覧です: 心の中の故郷:

« 春の足音 | トップページ | 春の足音2 »