フォト
無料ブログはココログ

つれづれりすと

旅行・地域

2013年5月12日 (日曜日)

スノーさんの個展に行ってきました(久しぶりの個人旅行)

5/11~5/12の二日間、久しぶりの旅行に出かけてきました。
一人でふらっと出かけるのは1年半ぶりでした。

行き先は、「スノーさんのフォトスクランブル」でご存知の方もいらっしゃると思いますが、東京は神田神保町にある神保町画廊で開催中の、清田一樹さんの個展「FREE AS THE WIND」でした。

Image6

 フォトスクランブル個展記事はここ
 神保町画廊ホームページ
 東京都千代田区神田神保町1-41-7 安野ビル1階 Tel,Fax 03-33295-1160アクセス:神保町駅A7出口(都営三田線、新宿線、東京メトロ半蔵門線)

内容は、長年、清田さんが撮り続けて来たテーマ「風車」の写真展です。
東日本大震災を発端として、いまも続く福島の原発問題。そのひとつの対策として注目を集めた風力発電ですが、作品をまじまじと見ると、巨大な風車はそれ自体、見るものになにか感動を与えるものであるように思います。皆さんも一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

さて、清田さんとのツーシャットを撮って頂き、ご本人の了解もいただきましたので、掲載しておきます。

Image1

訪問日に、清田さんが持参しておられたものがありました。
フォトスクランブルに以前ご出演された、漫画家の「あさのゆきこ」さんがご執筆されている、「閃光少女」です。
私も買いましたが、なかなかおもしろく、気に入っています。
次の写真は、「閃光少女」の内容を画廊の方に解説中の清田さんです^^

Image7

神田は古くから本の街として有名です。
私もなにを隠そう本の虫。触手は動いてたまらなかったのですが、荷物の重さに負けて購入は控えました。
その神保町の風景も少し。

Image2

さて、お昼は画廊の近くの中華料理店「揚子江菜館」で。
通常ですと高くて手が出ない「乾隆肉麺」。なんでも創立105年記念サービスとか。
でも、昨年書かれたほかの方のブログにも創立105年サービスで同じものが・・・いつもやってる???
でも、とてもおいしくて満足でした!!

Image5

 ホームページもあって、リンクはここです

無事、帰り着いて今日はもうへとへと。でも、充分、リフレッシュになりました。


2012年7月16日 (月曜日)

久しぶりに・・・

今日は少し曇ってましたけど、とても暑い一日でした。

普段は足を運ばないのですが(当然か・・・)、今日は息子と、県営名古屋空港(セントレアじゃない昔の空港です)に行ってきました。

とはいっても、昔のように、航空宇宙館などという展示があるわけでもなく、見送りデッキを見学できるわけでもないとのことなので、あたりをiPhoneを生かして検索してみると、おもしろそうなものがそこここにできているじゃないですか。

まずは一路空港へ。

当然、寂れてました。当然でしょうね。貨物と国内便がちらほらでは仕方がないです。

しか~し、ありましたよ。あたらしいものが。

まずは、空港に隣接した「エアポートウォーク」へ!

この施設は、ショッピングモールとイベント施設をあわせた大規模なもので、内部には、1階にアミューズメント、2階と3階にショッピングモール、4階に食堂街と書店、そして、なんと5階には空港を見渡せるデッキが用意されています。各階にもガラス張りの展望コーナーはあります)
しかし、駐車場は大きくても満杯状態で並ぶのは必至。今回は、空港に車を停めて歩いて行きました。
(かなり遠かったですが、いい運動です)

まずは、5階のデッキからといっても金網ですがwww

Image5

でも、この金網デッキ、昔を思い出させるんですよね。
それと、この金網に、四角い穴が開いてまして、望遠レンズを突き出せるんです!わかってる人が設計したんですね^^

下は、3階の展望コーナーにあるパネルです。
子供はやってみたくなるんですよね。

Image6

(以下続く)

続きを読む "久しぶりに・・・" »

2010年9月25日 (土曜日)

犬山リトルワールド

先週の日曜日、愛知県犬山市にある、「野外民族博物館 リトルワールド」に行ってきました。

途中、道路の工事中で、我が家の車のナビ君はそうとも知らず、われわれを延々、見たこともない道にいざなってくれましたが・・・・(笑)

無事、到着です!(運転手、へろへろ~)

_dsc0010_edited1

ここでは、世界各地から、その土地独自の特徴ある建物を移築し、公開しています。
また、観光の目玉はなんと言っても、民族衣装の試着体験!こんなとき、女性だったらな~と思うんですが・・・

それと、民族料理やその土地の果物なんかで作った食べ物の屋台が人気です。
(なんと、ラクダのステーキや、ワニの串焼きまで・・・)

以下、我が家の面々のお楽しみ光景で、雰囲気を味わってみてくださいな。

_dsc0048_edited1

_dsc0061_edited1

_dsc0055_edited1

_dsc0070_edited1

あと、動物に触れるミニ動物園もあって、木曽駒君やヒツジ君にさわることができます。

_dsc0046_edited1
ドアップ!^^

帰りもまたまた変な道をグルグル回らされて、おまけに渋滞!家族は隣と後ろのシートで夢の中~(泣)

仕方がないので、ネパールのコーナーで売っていた、インドの音楽CDをかけながら帰路のハンドルを握る私~

ちなみに、CDのタイトルは「Bhakti Ras」。インドの人月党議員で、女優、古典舞踊ダンサーとして有名なヘマ・マリニ女史のダンス音楽で使われた曲を集めたCDということです。ヘマ・マリニさんという名前は聞いたことはなかったのですが、ネットで調べたら出てくるもんですね。日本で言う、所謂、タレント議員さんといったところでしょうか。それにしても、美しい・・・。

さて、話は変って本日のお話。

今、名古屋では、愛知芸術文化センターを拠点に、「あいちトリエンナーレ2010」という催しが開催されています。
「都市とアートが響き合う、3年に一度の国際芸術祭」ということで、名古屋市中心に、そこかしこで、美術の催しが行われているんです。その一貫として、名古屋城をライトアップしようという試みが行われているんですが、ただのライトアップとはわけが違います。
なんと、 64 台のサーチライトで、強烈な白色光を空に向けて投光し、10 台のスピーカーから音楽を流しながら成層圏まで照射しようという桁外れなことをやっちゃってます。(天文ファンとしちゃ、許せん行為ですが・・・)
今日の天気は曇りでしたので、その光景が、遠目でも目に入りました。
自動車の運転中に思わず、そこに目が行って、危ないことこの上ない!ぶつぶつ・・・

まあ、写真を載せておきますので、みてやってください。

Dsc_0002_edited1

まるで、「未知との遭遇」の世界ですよね~
いやはや・・・

2008年7月24日 (木曜日)

遊園地にて

この3連休、最終日の月曜日に「長島スパーランド」へ行ってきました。

親類から招待券を頂いたのですが、彼らのお目当ては流水プールとジェットコースター。
とはいっても、私の役回りとしてはお約束のこれです。

Dsc_0028

さて、プールも16:00には切り上げて、家内と娘はお目当てのジェットコースターへとるんるん気分で去っていきました。
この遊園地、温泉と一緒になっており、海水プールや流水プールそれに温泉と至れり尽くせり。老若男女が楽しめますが、それにも増してすごいのが件のジェットコースターの品揃え。超ド級のジェットコースターが数台、遊園地を這い回るように埋め尽くしています。
名前を挙げてみると知ってる方も多いと思いますが、
 ・スチール・ドラゴン
 ・ホワイト・サイクロン
 ・コーク・スクリュー
・・・・etc.それはすごいものです。
ためしに、これも超大型の観覧車から、夕焼けに染まるホワイト・サイクロンとスチールドラゴンの勇姿を納めてみました。

まずはスチール・ドラゴンの遠景です。

Dsc_0039

Dsc_0057

続いては、ホワイト・サイクロンの俯瞰図。なにか雪山か、海中の珊瑚かイソギンチャクのようです。

Dsc_0045

しkし、娘はホワイト・サイクロンのあまりの迫力に泣き出したとか。息子は身長が足りずにバイキングにも乗れませんでした・・・今度は乗ろうな!

でも、ピーター・ラビットに相手されてニコニコでしたけどね。

Dsc_0029

2008年6月10日 (火曜日)

西枇杷島祭り

当地方、愛知県清須市では、今年も恒例の西枇杷島祭りが開催されました。

からっとした天気ではなく、曇り空でしたが、程よい涼しさで気持ちよく宵の出店や花火を楽しむことができました。
毎年、この祭りを境に一気に梅雨、そして夏へと季節が移ってゆきます。

祭りの風景と花火をアップします。

01

02

03

04

7月末には、所属する写真クラブで岐阜県高山市へ撮影旅行を計画中です。高山の山車と比べても自慢できるわが地方の山車。いいものは未来に残したいものです。

※撮影はNikon D300にDX VR Zoom Nikkor 18-200mmを装着。ASA200設定。昼光設定で写しましたが、思いのほか赤みが強くなってしまったので、Photoshopで色温度補正を行いました。VRとはいえ、人出の多い中、手持ちで撮影したため、ほんの少しブレが出た分、Photoshopの輪郭強調等で補っております。

2008年4月13日 (日曜日)

名鉄パノラマカー

名鉄(名古屋鉄道)にはパノラマカーという車種の電車が存在します。
総和36年から登場し、現在も現役なのですが、今年、パノラマカー7000系がとうとう全車引退という記事が中日新聞に出ました。
名古屋の電車の象徴のような存在で、名古屋に来た当時から親しんできた電車なので非常に残念ですが老朽化が進み、特殊な車両のため修理費用もかさむということで致し方ないことでしょうか。ぜひ、どこかで保存して欲しいですね。
昭和36年登場と言うことで、私と同い年ということも複雑な思いを抱かせる理由かもしれません。

ということで、今日は息子にパノラマカーの模型を作ってやりました。
ちょろQに毛の生えた程度の大きさで、ほんとうに小さいですが、非常に複雑で作るのに1時間ほどかかりました。名鉄本線の名古屋駅ホーム売店で売っていたものです。

Dsc_0023_edited1

Dsc_0031_edited1

いかがでしょうか?接着剤も全く必要のない、いわゆるパッチンプラモですが、細かくて大変でした。
(遠近両用めがねがうらめしい!)

本物のパノラマカーの写真も載せておきます。

Img_0023_edited1


2007年10月 8日 (月曜日)

清須城ふるさと祭りに行ってきました

地元にある清須城で、「清須城ふるさと祭り」(旧、清須産業祭り)があり、子供たちと行ってきました。

実は、前日まで「あー、いつものお祭りあるのね」くらいの感覚だったのですが、最近あった新川の「やると祭」(旧、新川祭)に行った娘が雨に祟られてフラストレーションがたまっていたらしく、妻の勧めで出向いた次第です。
しかし、本当に行く気があるのか無いのか、朝からグーたらの娘でしたので、尻をたたいて出動しました。
(ほんとうに、どちらが行きたいのやらです。トホ。)

お目当ては、毎年のことですが、イベントによばれて来て貰う「仮面ライダー」。毎年、その年の仮面ライダーショーを見ていると、恒例のようになってますね。
天気があいにく雨になってしまったので、急遽、広場でのショーが市民会館に変更に。おかげで、雨の中、子連れで行列となってしまいました。
行列の原因は席が埋まったら入れないものと思い込み、皆が行列のまま停止していたこと。機転の利く人は立ち見でもいいとばかりに扉を開けて首を突っ込んでいます。私たちも、これで帰っては余計にフラストレーションがたまる一方と判断し、首を突っ込みました。こんなとき、親は踏み台代わりですね。肩車で死にそうになりました。

とりあえず「仮面ライダー電王」にあえて子供たちは大満足。ほっとしました。(版権の問題があるといけませんので、写真はガマンしてくださいね)

エントランスホールでは、地元の鉄チャンがご自慢のNゲージを広げて紹介してくれていました。ちょっとした文化祭です。
電車大好きの息子は呆然とその様をながめて喜んでましたが、将来、家の中にレールを引き回さないでと祈るばかり。

Tetsu

外ではミニ動物園ということで、ポニーやヤギ、ひよこ?、犬??が集められていて、じかに触らせてもらえるコーナーがありました。下の写真はなんでしょう?

Hiyoko

まだまだ怖くてひよこにも触れない息子でしたが、ヤギにはえさをやって楽しんでました。
娘はひよこのふわふわがお気に召した様子です。

1時間ほどして天気も思わしくなく帰りかけたのですが、今年はデモンストレーションとして、清須城の正面にかかる橋の上から火縄銃の発射があるとのこと。急遽撮影体制に。
なんとか間に合いました。

Bushi

Hinawa

妻も後から合流して、子供たちをつれてUターン。結構楽しんできたようです。

家に帰って外を歩いてびっくり!ヘチマの種をまいていたのですが、異様に育ちがよく、家の周りに絡みついてブラブラ実っているのを見落としていました。これどうしよう?と娘と思案することに。

Hetima

ヘチマ其の後については後日収穫してから掲載します。

2007年9月30日 (日曜日)

ご近所のいい感じのお店

Dscn0045_edited1


昨日、今日と天気がいまいちで小雨が続き、洗濯もままならない状況でしたので、ご近所のコインランドリーにでかけました。こんなとき、大型の業務用乾燥機は力強い味方です。

洗濯も終わって、待っている間子供たちも退屈がピークに。
そこで、ランドリーの近くにあるお店に寄ってきました。

名鉄新清洲の近くにあるお店で、名前は「リブレ」。名前はカタカナですが和風小物やさんで、衣類も扱っています。中には喫茶コーナーもあり、コーヒー、紅茶、抹茶等が楽しめますが、ユニークなのは、その喫茶コーナーの周りが売り物でもある小物や古物で埋め尽くされていること。和箪笥や小物入れ等々見ていて飽きません。

子供たちは珍しい小物やお菓子に夢中でした。

Dscn0061_edited1

私は、壁にかかった古時計が気に入って何枚か写しましたが、周りが暗く、ストロボを使うと雰囲気が台無しになるのでスローシャッターを余儀なくされました。しかし、帰ってPhotoshopに取り込んでびっくり!ものすごい色ノイズが発生しています。レタッチで修正するのに非常に手間取りました。古いカメラにも埃がたっぷりといったところでしょうか。かなり疲れました。

下の写真はお勧めのローズヒップティーです。かなり酸味があり、不思議な味わいです。

Dscn0060_edited1

最近、お彼岸も過ぎてまんじゅしゃげがいっぱい咲いていますので、これもパチリ!

Dscn0037_edited1

それなりに楽しめましたが、ちょっと疲れ気味です。


2007年8月13日 (月曜日)

名古屋のひつまぶし

今日はカミさんの実家に誘われて、ひつまぶし(ひつまむしとも言う)を食べに行ってきました。

場所は北名古屋市の「直来」。どうもその方面では有名なお店らしくお客さんが途切れません。
張り紙があって、注文を受けてからうなぎをさばくので、20分以上はお待ちくださいとのこと。
本格派です。カリッと焼かれた熱々のうなぎとご飯の絶妙なこと。そして、最後のお茶漬けも絶品でした。

ここで、ご存じない方に「ひつまぶし」についてのご紹介。
「ひつまぶし」は、よく「ひまつぶし」と勘違いされるのですが、名古屋方面で食べられる、要はうな重の一種です。
うな丼やうな重よりもカリッと辛口に焼いたうなぎを1センチから2センチ幅で細かく刻み、ご飯の中にも埋めて上にも乗せたという、豪勢なもの。そのまま食べてもおいしいのですが、有名なのは、最後にお茶漬けにすること。ちゃんと、わさび、のり、ねぎとお茶が付いてきます。名古屋に来られる際には暑気払いにぜひご賞味あれ!

お店と「ひつまぶし」の写真を載せておきます。

Dsc_0002_edited1

Dsc_0004_edited1

いつも逃げ回るケンタです。おいしいもの食べるときくらい逃げなきゃいいのに。自分の分が減るぞ!!

Dsc_0008_edited1

妻は二人羽織状態で食べさせなきゃいけないため、自分がなかなかうなぎに手を出せずに少々不満気味でした。

追加で先日のダークレスの件。
36枚撮りフィルムを以前に1本買ってしまっていて、36枚撮りではなかなか難しいとのことを説明書に書かれていましたので、どうしようかと思ってました。しかし、現像器具が家のどこに埋まっているかもわからず、36枚撮りフィルムは使わなきゃどうしようもないということで、とうとうやってみました。 → 結果:失敗しました!どうも、36枚撮りともなると、パトローネの中でのフィルムがいっぱいで、現像液や定着液をうまく吸い込ませるのが難しいようです。ムラだらけの定着不足で、一部白いままのフィルムが出てきました。この分では現像不足も出ていたかもしれません。定着不足を確認した場合、液を残しておいて追加定着をやって見るように書いてありましたが、あまりに汚いフィルム面にがっかりして捨てました。以後はしばらく24枚か12枚撮りでやってみることにします。
以前の記事を見てやってみようと思った方、慣れないうちからいきなり36枚だけはやめたほうがいいですよ。絶対失敗します!説明書は伊達じゃありませんでした。
(体張ってテストしたような・・・・・)

2007年7月27日 (金曜日)

大阪にて

今日は会社の出張で大阪に来ています。

Dscn0018

なぜ、家内が一緒にいるかというと、あわせた訳でもないのに会社の出張予定が一致しちゃったんですよねー。家内は社内研修のため、私はお客様とのイベントというわけです。
これ幸いと、夜は中年夫婦の即席デートということになりました。

特に行くところもないので、会社の真ん前の、大阪城近辺の某ツインタワービル最上階にある中華料理店でちょっと贅沢な食事をしました。1000円以上もするラーメンとはなにものぞ!
以下は今日食べたメニューです。

Dscn0031

五目野菜麺です。

Dscn0033

珍しい棒餃子です。妻のたっての希望で・・・・。

Dscn0035

とっても香ばしかった「お焦げ」です。

窓からみると、38階からの眺望は、夜景ともあいまって吸い込まれるようにきれいでしたよ。

Dscn0021

食べ終わって互いのお宿にと(別々だったんですねー残念!)別れたあと、今上ったビルの煽りをとってみました。あんな上だったんだー。実は高所恐怖症(笑)

Dscn0039_2

路上にはいろんなイルミネーションが輝いてました。木の枝にも発光ダイオードが!クリスマスみたい。

Dscn0038_2

明日はまた名古屋に帰ります。もちろん、38階から子供たちには電話しました。